【刑法各論の基本書】

 各論については総論ほど決定的対立は無いように思えるので、色々な本を読むよりは淡々と構成要件を押さえていった方が無難でしょう。暗記の要素が増えてきます。条文から適切に構成要件を抽出し、構成要件への当てはめの段階で出てくる論点について淡々と処理することが求められると思います。

井田・各論と50選の改訂情報を追記しました(9月27日)。



西田典之『刑法各論』



刑法各論 第6版 (法律学講座双書)
評価:★★★★
一言:安定した解釈論を展開。シェアNo.1

感想
→西田教授の基本書は『刑法総論』より、こちら『刑法各論』の方が(圧倒的と言って良いほどに)有名です。去年(2012年)ツイッター上で院生の方が受験生を対象に使用基本書のアンケートをされたことがありましたが、立場ごとの対立が深い刑法分野において本書が圧倒的シェアNo.1でした。(あとは山口青本、『講義案』のシェアが比較的高かったです。)
 文献を読んでいると「代表的見解」「通説」「学説」として引用されることが非常に多く、受験生だけでなく、学者・実務家からの信頼も厚いことが伺えます。基本的に本書を選んでおいて間違いはないと思います。

 内容としては、全体的に通説ないし穏当な見解を採っており、文章の妙もあいまって非常に読みやすいです。
 何より嬉しいのは、保護法益、条文の文言の定義がしっかりと明示してあることです。刑法各論において、文言の定義は非常に重要です。学習すべきことがわかりやすいのは本当に助かりますね。
 ちなみに各章の最初に条文が書いてあり、学生としてはいちいち六法を引かなくてよいので楽です(笑)。

 ただ、所々あたかも通説のごとく少数説が書いてあったりするので、ちょっと気をつけて読む必要があるかもしれません。僕は限りなく1冊目に近い2冊目の「参考書」として、本書を使用しています。

 なお、西田教授ご自身は結果無価値論に立脚されていますが、行為無価値の立場で読んでも全く問題はないと思います。学習が進んでくると、本書は少し薄いですが、それでもなお、オススメです。






山口厚『刑法各論』



刑法各論 第2版
評価:★★★★
一言:辞書として

感想
→山口教授による各論の基本書。総論の薄さとは打って変わって、とても分厚いです(700ページ近く)。少数説も無いわけではありませんが、各犯罪類型につき保護法益・構成要件をしっかりと明示しており(もちろん定義もしっかりと書き込まれています)、使い勝手はとても良いです。箇所によっては西田各論よりも分かりやすく(西田各論の記述を敷衍したようなところがあります)、本書を一冊目にしても問題ないと思います。
 西田各論では記述が薄い部分などについて調べるのに使っても良いかも。基本的に、西田各論と山口各論のどちらかを読めば、大体の問題は解決します。






山口厚『新判例から見た刑法』



新判例から見た刑法 第2版 (法学教室Library)
評価:★★★
一言:山口教授によるプチ調査官解説(のようなもの)

感想
→法学教室連載をまとめたもの。21の新判例(といっても、平成15年くらいからのものですが)について、山口教授が判例を紹介した後、判例の意義と問題の所在につき詳述されています。各論分野の方が数は多いです。
 
 彼の基本書『刑法総論』『刑法各論』のダイジェストのような部分もありますが、全体としてはより深く掘り下げられており、事案に応じた山口教授の考え方を知ることが出来ます。彼の緻密な分析は、良い知的刺激になると思います。
 あくまでも学者たる山口教授の見解ですので、本書と各判例についての調査官解説を読み比べるのも良いかもしれません。

 ちなみに、東大ロー入試のネタ本というウワサもあり、東大ローを志望されている方はその意味で一読しても良いかも。







井田良『新論点講義シリーズ2 刑法各論』[第2版]



刑法各論 第2版 (新・論点講義シリーズ 2)
評価:★★★
一言:ある程度学んだ後に読みたい本

感想
→井田教授による各論の基本書は、新論点講義シリーズから出ています。基本書と予備校本の間、といった位置づけで、総論を井田教授で固めている方は一冊目でも良いと思います。
 ケースを使って説明されているので(「ケース・スタディ」)、ある程度学んでから本書を読むと一歩前に進めるかなと思います。
 僕は財産犯や公共危険罪についてつまみ食いしたくらいですが、分かりやすかったです。特に放火罪については、井田教授のおかげでかなり通説が理解できるようになりました。本シリーズのレイアウトは好き嫌いがあるかもしれませんね。









呉明植『刑法各論』



刑法各論 (伊藤塾呉明植基礎本シリーズ 2)
評価:★★★★☆
一言:答案作成マニュアル・各論版

感想
→呉講師の各論本です。本書も『刑法総論』と同じく、すごくわかりやすいです。
 何より素晴らしいのは、覚えるべきこと「しか」書いていない、と言えるくらい記述が絞り込まれていることです。保護法益・文言の定義しか書いてないと言えるところも(笑)。

 条文解釈上の論点につき、自説に資する程度の反対説紹介はありますが、かなりお粗末な紹介ですので(それが本書の良さでもあるのですが)、さすがに他の基本書のどれかは読む必要があると思います(特に財産犯論)。
 本書の内容はまさに「必要最低限」であるので、それを理解して正しく使用することが出来れば強い味方になると思います。総論も素晴らしいですが、総論よりも受験的には名著と言って良いと思います。





佐伯仁志「論点講座 刑法各論の考え方・楽しみ方」(法学教室連載・355号~378号)


評価:★★★

感想
→佐伯連載の各論版。「論点講座」とある通り、各論についての基本的な理解を前提として、解釈上の論点について深い考察をしていくスタイルです。佐伯総論はもはや必読と言って良いと思いますが、各論は必読とまではいかないかもしれません。背任罪までで終了しており(笑)、財産犯までしかありません。
 遺棄罪の理解とかは本連載で深まったかなと思います。むしろ、普通の基本書であまり掘り下げられていない論点について深く読むために使っても良いかも。






大塚裕史『刑法各論の思考方法』




刑法各論の思考方法

評価:★★★
一言:各論の学説地図

感想
→『思考方法』各論バージョンです。総論の記事で本書については褒めるだけ褒めたので(笑)、もはやここに書くことは無いかなと思います。
 財産犯は勿論ですが、文書偽造や贈収賄について基本類型から詳しく説明してあり、手が回りにくい(けれど出題頻度はそれなりに高い)これらの犯罪についての理解に助かりました。
 手元に置いていて損はない一冊です。辞書的に使うことも可能(というよりそう使う人が多いですね)。







小林充・植村立郎『刑事事実認定重要判決50選(下)』[第2版]


刑事事実認定重要判決50選〔第2版〕(下)

評価:★★☆

感想
→上巻と下巻に渡って、刑法各論分野の論文が掲載されています。こちらの本も、総論の記事に書いたので書くことはなさそうです(笑)。学習が進んでから紐解いてみると良いと思います。
 ついに、第2版が発売になりました!





池田修・金山薫『新実例刑法 各論』



新実例刑法 各論

評価:★★★
一言:プチ調査官解説

感想
→「実例」といえば、『実例刑事訴訟法』が有名ですが(最近新版が出版されましたね)、その刑法分野もあります。総論は『新実例刑法 総論』として2001年に出版されており、その各論版が2011年にようやく発売されたものです。まさに出版されたばかり。

 とにかく執筆陣が豪華。全員が現役の刑事実務家です。内容としては、各論の論点について、問題となる事案(『総論』より事案は長いです)、問題の所在、学説紹介、判例紹介、事案の解決というような順番で解説がなされていきます。
 内容もさることながら、事例問題の解決という視点で解説されるので(演習書のような感じ)、とても読みやすいのも◎。各論について疑問が生じたら本書を紐解いてみると新しい視点が得られるかも。執筆はバリバリの実務家によりますが、学説にも目配りがなされており、つまみ食いでもいいので読んでみることをオススメします。僕も早く通読したいです。







佐伯仁志・道垣内弘人『刑法と民法の対話』



刑法と民法の対話

評価:★★☆
一言:とても面白い試み。一読の価値あり

感想
→東京大学の佐伯・道垣内両教授による対談集です。刑法理論の中で、民法との整合性が問題となる事案が(特に財産犯において)多くありますが、そのそれぞれについて刑法学・民法学の見地からアプローチを加えています。
 確かに「刑法は民法とは異なるから」という理由で切って捨てても良いのですが、やはりそれだと気持ち悪さが残ります。出来れば法解釈を統一していく方向で考えていきたいものです。

 非常に知的刺激に富んだ本で、是非読んで欲しい本の内の一冊です。以前記事に書いたことがありますので、興味のある方はそちらも参照していただければと思います。→以前の記事

 不法原因給付と横領の問題について林教授が主張された、「不法原因寄託」という概念を道垣内教授が「そんな言葉は民法学において聞いたことがありません」と一蹴したことには笑いましたが(これについては『思考方法』にも言及があります)、このようにユーモアあるお二人の対談、クスっとくる記述もちりばめられているので読んでいて飽きないです。
 金銭についてのいわゆる「占有=所有」説の射程など、とてもためになる議論も多いです。論点について必ずしも結論が示されないこともあり余計に混乱する箇所もありますが、是非是非、手にとって読んでみて下さい。