【担保物権の基本書】

担保物権法はそんなにたくさんの本を読んでおりませんが…




松井宏興『担保物権法』

担保物権法 (民法講義 3)
担保物権法 (民法講義 3)

評価:★★★
用法:通説確認のため。通読



感想
→担保物権法の基本書としては結構有名な本だと思います。担保物権法について、判例・通説を平易に解説しています。自説を推すことは少なく、各学説の紹介もしてあるので「基本書」として良書だと思います。
 担保物権法はそのイメージがつかみにくく、かつ技術的な部分も多くあり、初学者のころは制度を頭に入れるのに苦労すると思います(現に僕も苦労した記憶があります)。まずは本書で判例・通説を理解してから、発展的な解釈論に進むのが良いのではないでしょうか。




道垣内弘人『担保物権法』


担保物権法 第3版 (現代民法 3)

担保物権法 第3版 (現代民法 3)


評価:★★★★
用法:参考書(・通読)



感想
→道垣内弘人東大教授の手による、担保物権法の基本書です。学生が持っている率はトップなのではないでしょうか(有名な基本書としては高木多喜男『担保物権法』がありますが)。
 「はしがき」には、「(制度・条文の)趣旨を明示すること、解釈論については、ほぼ異論のない説に従う場合でも、必ずその理由を付すること、さらに、解釈論が先鋭に対立する局面では、その対立原因を明らかにすること、以上の点に注意しただけである。」とあり、なんというかこの一文だけでも本書を読んでみたくなりますね(笑)。

 自説を前面に押し出しており、しっかりした解釈論が展開されています。そのため一冊目としては推薦しがたいですが、学習上疑問に思った部分について本書を参照してみると、目から鱗が落ちる体験ができるかもしれません。学部の授業において指定されたため、僕は本書を一冊目に読んだのですが、大変混乱しました(笑)。
 試験にはあまり関係のない記述もありますが、その理論展開には魅力があり、上記の通り制度趣旨もしっかり言及されているので、読んでいて面白い本だと思います。




伊藤真『物権法』


物権法 (伊藤真試験対策講座) 第4版
物権法 (伊藤真試験対策講座) 第4版


評価:★★★
用法:基礎確認


感想
→前も紹介しましたが。予備校本は「わかりやすさ」「覚えやすさ」を追求したものですので、理論的深みなどはありませんが、法定地上権など「制度」的な場面については図が多用されている本書のようなもので整理するのは有用だと思います。僕は本書で基礎確認をしました。




内田貴『民法Ⅲ 債権総論・担保物権』


民法 III [第3版] 債権総論・担保物権
民法 III [第3版] 債権総論・担保物権


評価:★★☆
用法:通読



感想
→ケースメソッドは変わらず。実際、債権総論と担保物権は共通する場面が多くあるので両者が一冊で学べること、一貫した理論で学べることは良いことだと思います。