ASAP's blog(基本書など)

法律を学ぶ元学生の、日記と備忘録とを兼ねたブログです。
要望やご質問などは目次中のask.fmからどうぞ!

ASAP's blog(基本書など) イメージ画像

更新情報

今日、慶應義塾大学ロースクールの願書を提出してきました。慶應って、私立トップ校なわけですが、願書の中に「志望動機」みたいなのを書く書類があって、それが結構多いんですよね。「大学時代にどんな問題意識を持って学習してきたか、それを1~3つの主題にまとめた上で

先日、我妻榮『法律における理窟と人情』を読み、今日は同じく我妻榮『債権総論(民法講義Ⅳ)』『債権各論上(民法講義Ⅴ1)』をパラ読みしました。我妻榮博士(余談ですが、法律系の人間は学者のことをよく「~先生」と呼びます。これは脈々と受け継がれている伝統のような
『我妻榮『法律における理窟と人情』』の画像

つい先程、5月27日と6月10日に実施された適性試験の結果を受け取りました。結果としては、2回目の方が良かったです。263/300点で、全国18位でした。結果としては満足のいくものだったのですが、ちょっと思ったことを書いておこうと思います。 まず、この「適性試験

今日は、有斐閣法律講演会2012「もっと会社法を好きになる」に行ってきました。講演なされた先生方は、『リーガルクエスト会社法』『事例で考える会社法』執筆メンバーの大杉謙一 中央大学教授伊藤靖史 同志社大学教授松井秀征 立教大学教授田中亘 東京大学准教授の四名

今日は、午前中に肢別本民法1巻をやっと終わらせ、ロープラ民法1巻 の物権と用益物権を終わらせ、疲れたのでこの前15%オフで買った和田吉弘『民事訴訟法から考える要件事実』を午後はずっと読んでいました。これです。大体3時間半くらいで読み終えることができました。

前の日記で、ブックレビュー一冊目はビブリアだーとか言っておきながら、一冊目はこれです。図書館で借りて、はじめ3章だけ読んで時間無くなって返却しました(笑)刑法上の論点で民法とからむところを、それぞれの分野における第一人者である佐伯教授と道垣内教授が議論しあう

勢いそのままに始めてしまった。これからは一応定期的にブックレビューを書いていければいいなと思っています。なんかあったら日記を書きます。司法試験受験志望生なので、法律に関わる本が多くなる…予定。

↑このページのトップヘ